ミステリ&コミックのオンライン古書店 黒猫亭  東京都公安委員会許可 第304410505810号
ホーム | 時代物 > 文庫小説・江戸歌舞伎秘話
商品詳細

小説・江戸歌舞伎秘話

販売価格: 400円 (税込)
希望小売価格: 460円
数量:
戸板康二 
 講談社文庫 
 1977 初/定価 \460 
 B 
 カバー少痛み(擦れ他)、小口少ヤケ
黒猫亭から一言
▼(カバー解説より)「車引」の場で梅王丸、松王丸、桜丸の三兄弟は赤の襦袢を着る恒例になっているが、五代目団十郎はあるとき白襦袢を着用してアッといわせた。団十郎に新趣向を思いつかせるには、陰にどんな事情があったか(座頭の襦袢)。歌舞伎研究で高名な著者が、江戸歌舞伎に題材を得てミステリ趣向をこらした異色連作小説。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス